焼酎の器 トップページ 買い物かご 通信販売法に基づく表記 プライバシー
top image
お問い合わせ〜電話:0995-78-2040、FAX:0995-78-2340

店長コラム

  フャイヤー2

真近で見るとホント凄いですよ!!!
2009/1/3


  二番窯

福山自燃斎先生の二番窯横くべ風景です。
19時半過ぎて辺りも真暗になり、横からくべる度に、炉の中から炎が襲い掛かってくる感じで、
すごかったです!それでもくべ続ける腕に炎が被っておりました。
2009/1/3


  ファイヤー!!!

房内を計画焼成温度まで持って行く為に「横くべ口」より炎の温度、色、動き、を見ながら薪をくべるタイミング、量、場所、等、長年の経験で微妙に調整していくそうです。
「上がる」まで付きっ切りで気が抜けません!
薪くべ直後は、上部より炎が噴出します!!

2009/1/2


  一番窯

飯田敬林先生が一番窯の横焚き口に薪くべてました!
12時過ぎから始まったそうで、かれこれ4時間経っています。
敬林先生曰くあと1時間位かな〜との事でしたがよ。
くべ口の蓋が開いた時は灼熱です!窯内温度1260℃でした!!
2009/1/2


  大くべ投げ込み2

1画像づつしか載せられないのです.....
足元にあった丸太が無くなり焚き口に投げ込まれてますよね、
この間わずか数分でした。

2009/1/2


  大くべ投げ込み1

様子見に行ったら自燃斎先生が丁度、大くべ焚き口に薪&丸太を投げ込んでおりました!
長時間開けていると温度が下がってしまう為、怒涛の投げ込みでした!
2009/1/2


  登り窯その2

炎が舞ってます!熱いです!
2009/1/2


  今朝の登り窯その1

おはようございます!1/2(金)午前8時の登り窯の様子です。
大くべ焚き口内は激しく燃え盛って近付くと痛いです!温度は丁度1000℃に到達した所でした。
開けてる所撮りたいですが温度の関係やら中々難しいです.....また狙ってみます。
2009/1/2


  どうじゃろかいね

飯田敬林先生が窯の様子を見てました。
焚き始めは慌てず、薪をくべ過ぎず、炎の状態を見ながらゆっくりやってきます。
敬林先生曰く明日(1/2)の昼頃が焚き口のピークだそうです!今の状態とは全く変わり、
ボンボン薪くべて炎ボウボウです!

2009/1/1


  火入りました!

先程午後12時に【登り窯】に火が入りました!
これからゆっくり、じっくり、と一番手前の【焚き口】の温度を上げていきます!
長丁場です。

2009/1/1


ページトップ
[ 前へ ] [ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ]
前の 10件 次の 10 件
通信販売
徳利焼酎
徳利焼酎
徳利から注がれる手間ひまかけたこだわりの焼酎。今宵の一献どうせ飲むならいにしえ人の風情も一緒。
猪口
猪口
手に持つ猪口に注いだ焼酎。通人は少しずつ口に注いで香りとまろやかな風味を楽しむ。
千代香
千代香
本格焼酎の故郷鹿児島に古くから伝わる酒器の代表格。使い込むほどに独特のコクと旨味を滲み出す。
からから
からから
長い間幅広く愛用されてきた鹿児島・沖縄地方特有の酒器。注ぎやすく倒れにくい安定した形状。
そらきゅう
そらきゅう
注がれたら飲み干さないと置くことが出来ない。宴の席に欠かせない遊び心のある猪口の傑作。
盃
口元に運んでくれる様々な形の器。形や大きさ、傾け方によって微妙に異なる味わいを愉しむ。
徳利
徳利
燗をして、猪口に注ぐ時の音の響きを愉しむ。注いだ後の味を愉しむ。焼酎の2つの楽しみ。
サーバー
サーバー
瓶による熟成と実用を兼ね備えたサーバー。減った分をすぐ補充する「仕次ぎ」が熟成効果を高める。
セット
セット
焼酎の好きなあの人に...贈って笑顔で飲み交わす。まとめて揃る...それも焼酎通の第一歩。
その他
その他
焼酎の味わいをより一層深めるために。通人が求める酒器には欠かせないこだわりの道具。
薩摩切子
薩摩切子
焼酎愛飲者ならいつかは手にしたい薩摩切子。焼酎と共に育む贅沢なひとときを。
宙吹きクリスタル
宙吹き
硝子ならではの重量感、光沢、透明感。グラスの中の氷が奏でる鈴のような音。
copyright